徳島県からのんびりとバスケや徳島に対しての情報を発信していきます。

なんぶろぐ|バスケときどき徳島、ところによりスポーツ情報

スポーツ栄養士南部真也公式サイト

夢を実現するためにできることを徳島栄養士の事例を元に探る

南部 真也
WRITER
 
success
この記事を書いている人 - WRITER -
南部 真也
徳島県でトレーナーしたり、栄養士したり、バスケしたり、WEB触ったりといろんなことやりながら日々過ごしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

success

 

こんにちは、毎日朝昼晩と起きているときはワクワクする妄想に楽しんでいます、南部です。あなたが将来への夢を見なくなったのはいつからですか?

 

最近は夢のない若者、無気力、草食系 etc… なんかメディアに踊らせられているのかどうなのか、日本全体に夢がないように情報が流されています。

 

かと言ったら何かしら夢を持って発信している人がまるで「神」の様にとりだたされて「あの人はすごいんだなぁ、でも私には無理だよねぇ〜」

 

・・・と、何となく自分には無理だと夢を発信することを諦めていませんか?諦めることは簡単ですが、そうじゃない人はここから先も読んでみてください。きっとあなたの夢へのヒントになります。

 

 

夢のためにできること

 

・考え方を変える

・環境を変える

・付き合う人を変える

 

 

よく自己啓発などで言われる三大要素です。もし、今の自分から変わりたいとあなたが感じている場合はどれを実行しますか??順番を付けてみてくださいな。

 

夢を実現させるにはステージがあります。「今のあなたがどのステージにいるか?」によってどこを変えていくのが良いのかは変わってきます。

 

人によって夢実現の道のりは違うと言うことです。

 

だからこそ、いろんな自己啓発、成功哲学が巷に溢れていますが、みんながみんな成功するわけではないと言うことです。

 

うまく行ってないと感じるのは自分とは違うステージのことを実行しているのかもしれません。

 

参考になればと感じ、南部真也が徳島県でフリーランスの管理栄養士と言う今までにない仕事を選び、どういった経緯で自分を変えて言ったかをご紹介します。

 

まだまだ、発展途上ではありますが、成功者とまでは言えないながらも少しづつ自分のやりたいことを実現できています。

 

 

南部真也の事例

 

2008年:「考え方の変化」

高校卒業直後、交通事故に遭い首の骨をおる重症をおう。 

 

価値観はここで変わってきました。人生一度きり、さすがに次はないと(実は交通事故2回目…)ライフポイントが一機減ったことを実感。

 

2011年:「付き合う人の変化」

東日本大震災後の学生運動 

 

東日本大震災を経て、当時「何かしないといけない」と言う思いに駆られ大学生ながら社会活動を始めるきっかけとなる。

 

地震発生直後、高校の同級生と3人でファミレスで「おれたちには何ができるんだ?」と作戦会議。徳島の駅前で募金のボランティア、災害復興のイベントを行う。実はまよプレの初期メンバー(?)でした。

 

付き合う人たちの質がガラッと変わりましたね。

 

当時の学生団体 HSP

 

2012年:「考え方の変化」

金持ち父さん貧乏父さんを読む 

 

改訂版 金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント:経済的自由があなたのものになる (単行本)

新品価格
¥2,052から
(2017/2/9 18:19時点)

ここで働くことの価値観が変わりました。自分は「誰のために働くのか?」本から読み取った印象では、会社員は社長のために働くそれでは「人生一度きりなのにしんどいなぁ」と感じて漠然と起業を考え出す。

 

2013年:「環境の変化」

卒業、一般企業へ就職 

 

夢に少しでも繋がると思い就職をしてみたが、末端の社員の意見は全部無視される。もしくは首を切られると言う「なんとも気持ち悪い働き方」をしている環境を経験。昇進しても即切られると言う悲しい現状を知る。

 

やりたいことへも直接のつながりがないと判断し、退職する。

 

2014年:「考え方の変化」

独立に向けて資格取得を目指す。 

退職後は約2ヶ月かなり自分の置かれた状況にかなりの不安を感じて、後悔の念と将来が怖くなる。そんな中でも「自分の夢は何か?」

を問いただし、スポーツトレーナーの専門学校に通うことを決意!

 

2015年:「付き合う人の変化」

起業支援を応援する人と出会う 

 

イノベーションセンター四圀の観元さんと出会い、起業の相談する。管理栄養士の国家資格とスポーツトレーナーの資格を持っているだけでは売れない時代と言うことを実感し、マーケティングの勉強を始める。

 

創業スクールを受講するなど具体的に起業のに向けた準備を進める。

 

そこから、今まで培った知識を活かして講演、講座の準備をし始め、2015年10月には個人事業主として開業届けを出す。主にパーソナルトレーニングと講演が主軸となる事業モデル。

 

2016年:「付き合う人の変化」

TIMEの子ども食堂、スポーツ栄養の実践

 

管理栄養士が行う子ども食堂によってメディアへ露出が増える。新しい働き方としてフリーランスの栄養士と言う認知度が少しあがる。「一番やりたかったスポーツ栄養」に取り組めるようになる。

 

newsparper

 

簡単に羅列してみました。もっとここを詳しく知りたい方がいればコメントくださいね。大きく見ると夢を叶えるためには上記にあげた3つの変えるべき要素がありますね。

 

一番は、気持ちの変化が大事と言うことを書きながら思い出しました。人生の転機はどこで訪れるかわかりません。ただ、その時がきた時に「動くのか?」「動かないのか?」ただこれだけですね。

 

気持ちに正直に従っていけばこう言う結果になりました。ぼくはかなり運がいい方だと思います。(首の骨折っても生きてる!)

 

 

そして2017年

 

今年はどう動くか??

 

猪突猛進のように突き進んできた2016年まででした。ここまではやる気だけでも来られたステージ。次はやった後のフォローに重点を置いて、関わってきた人を大事にしていく必要があります。

 

今年はフォローをしっかり行い、繋がりを大事にした上で自分の活動をシンプルに人に伝えるようにして行きます。

 

 

まとめ

夢を叶えるためにできることは、「考え方を変える」「環境を変える」「付き合う人を変える」この3つをやっていくことです。ぼくの例では「考え方を変える」が一番にきました。

 

いきなり考え方は変えるのは難しいので色んな人が集まる場所に出向くのもオススメです。長い目で見てゆっくりと”今の自分”にあったのはどれかを探って見てください。

 

”ともにQOLの向上”

執筆者:南部真也

 

当ブログの会ではブログを書くだけでなく、色んな夢を語れる・聞ける場にもしています!

ご興味のある方はこちらをご覧ください。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
南部 真也
徳島県でトレーナーしたり、栄養士したり、バスケしたり、WEB触ったりといろんなことやりながら日々過ごしています。
詳しいプロフィールはこちら
スポンサーリンク
スポンサーリンク

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です